2017・08
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/01/26 (Wed) モンブラン口金/かぼちゃモンブランレシピ

こないだ、憧れていたモンブラン口金を買いました。
700円くらいと口金の中では少し高めなため、ケチな私は手を出せずにいましたが、
「どうせいつか買うんだろうし、口金なんて一生物だよね♪」と思い購入。
早速使ってみましたが、この口金を使用するだけでとっても美味しそうで可愛いケーキになりますね(*^^)v
 
エンゼル型でいちごのショートケーキ

 
絞り方が雑ですが、適当でもこの口金なら可愛い(*^^*)
クリームには水切りヨーグルトといちごジャムを入れています。
ジャムを入れると、ジャムに含まれるペクチンという成分で生クリームが驚くほど早く、そして固めに仕上がります♪
 

 
いちごをトッピングした後、「溶けない粉糖」を茶こしで振り掛けて、ホワイトチョコを使って作った雪の結晶を飾りました☆
「溶けない粉糖」は製菓材料の専門店などに売っています。
…にしてもこの「溶けない粉糖」は凄い商品です(゜д゜)
普通の粉糖をいちごに掛けたりしたら、水分でべちゃべちゃになって可愛いどころか気持ち悪くなります。汗
 

 
スポンジとクリームが馴染むのには最低12時間は必要だと思います。
作った当日より、翌日の方が美味しいのはデコレーションケーキも焼き菓子も一緒ですね。
作った日は我慢が大変です……(><)
 
 
かぼちゃモンブラン

 
このモンブランに使ったクリーム2種は適当に試作として作ってみましたが、なかなか美味しかったので自分用の覚書きも兼ねて記しておきます。
まだまだ試行錯誤する余地のあるレシピですが、毎回毎回、ケーキの写真だけ載せられてもつまらないだろうなぁ、と思っていましたので。
モンブラン用じゃなく他の口金でも味的には何の問題もありませんので、下記のズボラレシピを試して頂ける方がいれば幸いです↓

かぼちゃクリーム(グラシンカップ8号のカップケーキ6個分)
<材料>
・かぼちゃ       約150g
・生クリーム      約80㏄
・スリムアップシュガー 6本(または砂糖 30g)
・マーガリン      10g
・シナモン       適量
 1.かぼちゃを一口大に切り、耐熱容器に入れラップをして、レンジで5?6分。
 2.かぼちゃが柔らかくなったら、皮を取り除き裏ごしする。皮は最後の飾りつけに使うのでとっておく。
 3.裏ごししたかぼちゃに残りの材料を全て加え、混ぜ合わせる。
 4.絞りやすい固さになるまでレンジで水分を飛ばす。「ラップ無しレンジで2?3分→混ぜてゆげが出なくなるまで放置」を3回くらい。
 5.4が冷めたら口金を取り付けた絞り袋に入れて冷蔵庫で待機。
 
チーズクリーム(だいぶ多め)
<材料>
・クリームチーズ    約50g
・生クリーム      約120㏄
・スリムアップシュガー 2本(または砂糖 10g)
 1.クリームチーズをレンジに30秒くらいかけて柔らかくしておく。
 2.砂糖を入れた生クリームを9分立てにして、1と合わせる。これも絞り袋に入れて冷蔵庫で待機。
 
カップケーキはお好きなレシピを参考にしてください。(市販のカップケーキやロールケーキでも良いかもしれませんね)
冷ましたカップケーキにチーズクリームを山になるように絞り、その上からかぼちゃクリームを絞ります。
冷蔵庫に入れて保管して翌日くらいに食べるのが一番美味しかったです。
チーズクリームよりも水切りヨーグルト入りのホイップクリームのほうがさっぱりしていて、かぼちゃの味が際立つかなぁ、と考え中です。いつか作ってみたいです。
 
ドームケーキ

 
モンブラン口金とは何の関係もありませんが……2010年クリスマスケーキです。
3合炊きの炊飯器のお釜にラップを敷いて、その中にスポンジ→クリーム→いちご→クリーム→スポンジ→クリーム→いちご→クリーム→スポンジで蓋!をして、ひっくり返してデコレーションで完成です。簡単ー*
 
でもこのデコレーション、写真を撮ってから気が付きましたが、円を描いている角切りのいちご…
あんな中途半端な位置じゃなく、ケーキを囲むようにお皿に乗せた方が可愛かっただろうなー、失敗…
とかなり不満な気持ちにさせられました(=_=;)
 
私の場合、製菓は自己満足だからこそ、他人以上に自分が失敗に敏感になります(^^;)
誰に頼まれた訳でもないのに試行錯誤を繰り返すのも、自己満足の追求なんですね、きっと(*・д・)
 
 

スポンサーサイト

製菓・製パン | trackback(0) | comment(0) |


2011/01/18 (Tue) 食の楽しみ

最近は白パン作りにはまっています。
 

 
ほわほわやわやわぁ~です(><)
写真を撮る用に気を使ってちぎっても、結局指の部分がつぶれてしまいます。
 
↓発酵前

 
白パン、と言っても作り方は普通のパンと何も変わりません。
 
↓発酵後

 
ただ低温でじっくり、焼き上げます。
 
↓150度で20分焼いた後

 
型に入っているせいかこれだけでは中が生で、追加で10分焼きました(^-^;)
 

 
焼き色がついて白パンじゃなくなってしまいました…。
でもちゃんとやわやわのほわほわでした*(ギリギリではありましたが。汗)
 
お米を食べたり、麺類を食べたり、かったいハード系のパンを食べたり、やわやわのソフトなパンを食べたり、
色~んな食べ物があって、食の楽しみがあることは幸せですね(*^^*)
 
ヒトと比べるとペットは食のバリエーションは少ないですが、ペットの中でも犬や猫のエサはほんと種類が豊富ですね☆
この間ペットショップで「美味しそうなケーキ~♪」と、自分がペットショップにいることも忘れてわんこ用のケーキをまじまじと見てしまっていました。
そういえば、
 
↓姉の家のにゃんこ・めろん

 
詳しくは忘れましたが、健康に良いらしいめちゃめちゃ値段の張るキャットフードをあげているそうです。
 

 
めろんは元々身体がとても弱くて、すぐお腹を下してしまったりするコのようです。
でもそのキャットフードならお腹を下すこともなく、健康を保てているそうなのです。
 
↓これは我が家のベタ・もなか

 
ベタにもエサのバリエーションは様々ありますが、犬や猫と同じくらいの種類があったら、
もっと一生を楽に長く過ごせるベタもいるんだろうけどね?、なんて話を姉とよくします。
 
 
↓参加しております。ぽちっと応援して頂けたら嬉しいです♪

製菓・製パン | trackback(0) | comment(0) |


2010/08/31 (Tue) パン生地の2次発酵前後

今日はパン作りの工程の中でテンションの上がる瞬間のひとつ、2次発酵前後のパンの膨らみの違いについての記事です(*^^*)
 
↓2次発酵前

 
↓2次発酵後

 
普段はこのくらいの膨らみ具合です。
ほわんッほわんになります♪
 
↓焼いた後

 
焼いた後は大して膨らみませんが(^^;)
 
 
普段はこのくらいの膨らみ具合なのですが、暑い日にはかなり膨らんだりもします。
 
↓2次発酵前

 
↓2次発酵後

 
怖いくらい膨らんでいます。笑
が、やっぱりこんなに膨らんだパンは焼き上がりもいつにも増してふわっっっふわです☆
 
↓2次発酵前

 
↓2次発酵後

 
これも中々膨らみました♪
 
↓切り口はこちら

 

 
 
↓2次発酵前

 
↓2次発酵後

 
↓焼き上がり

 
 
ただ、なぜかあまり膨らまない時もあります。汗
 
↓2次発酵前

 
↓2次発酵後

 
…2次発酵であまり膨らまない時はやっぱり焼き上がりの味もいつもより少しいまいちです(+_+)
めったにこういうことはないのですが…おそらく温度とか水分量とか細かいことなのでしょう。汗
 
やっぱりパン作りは簡単とは言えませんね…(゜-゜)
 
 
 

製菓・製パン | trackback(0) | comment(0) |


2010/07/07 (Wed) 15cm丸型でパン

七夕ですねー♪
…………でも、晴れはしなさそうですね。泣
 
タイトル通り、15cm丸型に敷き詰めて焼くパンにはまっています。
写真に収めたくなるような可愛さになります♪
 
ハム&チーズロール
 
一次発酵後のパン生地をハムと同じくらいの大きさに丸く伸ばし、その上にハムととろけるチーズを乗せてくるくる巻きます。
真ん中を包丁ですぱっと切って、切り口が上になるように軽く間隔を空けながら敷き詰めてから二次発酵。
 
↓二次発酵後

 
これにツヤ出しの卵黄を塗って、ケチャップとマヨネーズをかけます。
 

 
180度で20分焼くと…
 

 
↓型から外すと

 
熱いうちに食べた方が、チーズがとろけていて美味しいです。
多分、乾燥パセリを散りばめるともっと可愛くなるのでしょうね☆
 
 
チョコうずまきパン
 
コーンスターチの買い置きが無かったのでチョコの折り込みシートが作れず、
しょうがないので板チョコに少しマーガリンを混ぜて溶かしたものを巻き巻き。
初めはちゃんと折り込んでいたのですが、やっぱりシートじゃないと上手く折り込めなかったので、ただ巻きました。汗
 
↓二次発酵後

 
これはなんとなく170度20分で焼いてみました。
 

 
こんなに適当に作っても美味しそうに焼ける丸型の不思議*
 

 
ちぎって食べるのが楽しいです(*・д・)
 
 
どちらも丸型に入れなくても、一つずつマフィン型やお弁当用のアルミカップ等に入れて焼いても可愛いです♪
その時は巻いた閉じ目をしっかりくっつけて形を綺麗に丸く整えた方が良いです。
 
パン作りは面倒そうなイメージがあると思いますが、そのイメージは多分発酵時間を待つ手間だけです。
私は発酵時間に、具の準備をしたり食器を洗ったり洗濯したりするので、待つ時間も苦にはなりません☆
HBがあれば一番楽なのでしょうけど…(^^;)

製菓・製パン | trackback(0) | comment(0) |


2010/05/03 (Mon) クッキー&シュークリームって、ハーゲンのクッキー&クリームみたいですね。

一時、妙にクッキー作りにはまっていた時期がありました。
 
普段は、リクエストを受ける以外ではめったにクッキーを作ることは無いのですが。
 
特に絞り出しクッキーにはまってしまって、洗って何度でも使える絞り出し袋(たしか500円くらい)をネット通販で買ってしまいましたが、届く頃にはクッキー作りブームが去っており結局使わずじまいでした。
 
 

 
左から紅茶、ココア、プレーンです。
 
製菓に使う紅茶はやっぱりダージリンが一番良いと思います。
香りが強いです。
 
綺麗に絞り出せると嬉しくて、1ヵ月間は2?3日に一度位のペースで作っていました(*・д・)
 

 
1枚目の形に飽きてくると、↑のようなクッキーを作り始めました。
左からラム酒、ココア、プレーン、ココアとプレーンのミックスです。
 
ラム酒が大好きすぎて大量に入れてしまい、生地が柔らかくなりすぎて絞り出せなかったため
冷凍庫に入れて凍らせてからカットして焼きました。
 
 
 
 
やっぱり地味なクッキーだけで一つの記事にするのは、せっかく訪問して頂いてる方に申し訳ないので…
 

 
チョコクリームのシュークリームです。
 
シューは難しい難しいと聞いてはいましたが、
難しいんだぁ…試しに作ってみましょ♪と、食べたい訳でもないのにチャレンジ精神で作ってみたものです。
 

 
焼きあがった時の感動は忘れられません(*´∀`*)
 
が、これ以来作っていません。
 
軽くて罪悪感が少ない分、クリームを食べ過ぎてしまうのが怖いのです。汗
 
 
最近は写真に収めたくなるようなお菓子を作っておらず、
もっぱらにんにく料理、という女子らしからぬものしか作っていません。
今度作るとすれば、ドライイーストが駄目にならないうちにパンだなぁー、と思っております。
 
 
 

製菓・製パン | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

ほっけ

Author:ほっけ
ショーベタ×3、プラガット、トラベタとカージナルテトラたちの写真多めな記録的ブログです。
製菓・製パンも載せていきます。
ブログタイトルは好きなミネラルウォーターevianのpH数値です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

calendar

にほんブログ村

にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ

↑ぽちっと応援して頂けると嬉しいです♪

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。